FC2ブログ

数世代前のモデルでもお気に入りなカーナビ



現在自分の愛車に装着しているナビは、アルパイン製の「時短ナビ NVE-N099」と同社製8インチワイドモニターの組み合わせです。

この「時短ナビ」、積極的に抜け道、細い道を検索できるモードを搭載しています。

一般的なナビが大通り優先で案内したり、ルートを外れて走行した場合には元のルートに戻させるという「無難」な案内をするところを、ルートを外れたら瞬時にそこから目的地へのルートを検索してくれるという賢いナビです。

自分のナビ歴は、CD-ロム時代のカロッツェリア製「楽ナビ」、ケンウッドのOEMナビでもあるDENSO製タッチパネルの「ナビラ」、そしてアルパインナビというものです。

最初の楽ナビは、音声認識など魅力的な機能を搭載していても、アルゴリズムが未完成で時々フリーズしたり、アホな検索をやらかしていました。

次のナビラはケンウッドブランドのナビを作っているのがDENSOなので、自社ブランドとして知名度が低いものの、ケンウッドでは別売りのパーツが同一梱包だったり、知名度が低くてヤフオクでもライバルが少なかったおかげで安く入手できた一品です。

また、タッチパネルという方式も画面に指紋が付くのはデメリットですが、目と鼻の先にあるナビモニターに向かってリモコンを使わなければいけないという非効率な制約から解放されて、ダッシュボード廻りがスッキリシンプルに出来るお気に入りのナビでした。

しかしそれでも検索アルゴリズムが一般的なルートを案内する味付けなのに不満を覚え、もっと自分好みのマイナーなルートを案内してくれるナビが無いかとネットを検索していたところ、ナビ男くんというカーナビ専門サイトを発見しました。

ここのサイトは、実際に各社のカーナビを装着して実践的なテストを繰り返すという非常に参考になるサイトで、そう頻繁にカーナビを色々試すことが難しい一般消費者に変わっての辛口テストは信頼できるものでした。

そのサイトの中でもその頃、特に評価が高かったのがアルパインのカーナビだった訳です。

そのテスト結果から「自分の探していたナビはこれしかないっ!」と惚れ込んでしまい、次の日には地元の中古カーパーツ店へ行ってローンで買ってきてしまいました。(ヤフオクには出物がなかったので。)

実際に装着してみたところ、GPSの追随も良いしルートを外れて狭い道に飛び込んでみても、すぐさま新しいルートを検索してくれるし、光ビーコンやVICSなどで常に最新情報を入手して渋滞を避けるルートを案内してくれます。

ま、この光ビーコンとVICS情報からの案内は時々大げさな情報らしく、せっかく迂回したのに渋滞してるらしいと言われた後ろの道はスムーズに流れていたりするので、実際の状況と照らし合わせて臨機応変に対応すれば問題無いんですけどね。

このアルパインナビに交換してからナビへの信頼度が高くなり、初めて行く土地でも安心してサクサク細い道に飛び込んでいけるし、渋滞気味の大通りを避けて、地元民しか知らない道を他県ナンバー車が駆けぬけることが出来て最高です。

長距離ドライブでの疲労感や知らない土地での不安感が払拭されて快適度がアップしましたね。

最近ではHDDの最新式アルパインナビが発売されたようですが、数世代前のDVD「時短ナビ」でも自分には充分だと思っています。

現在装着しているナビの案内に不満を持っている方、カロッツェリアやケンウッド、パナソニックなどの大手メーカーに比べると知名度は低いアルパインですが、かなり良い仕事してくれますゾ!満足度高し。



スポンサーサイト



テーマ : カーナビ
ジャンル : 車・バイク

アクセスカウンター
プロフィール

DIY野郎 (ガトウ・ショコラ)

Author:DIY野郎 (ガトウ・ショコラ)
管理人は自宅で2匹のネコを飼っている猫好きの大男です。

愛車は20年近く大切に乗り続けているコンパクトカー、そして自動車保険のマイバイク特約で何台持っていてもクルマと同じ保障が受けられて維持費の安い125ccのバイクを3台所有しています。

125ccにハマる前に乗っていた「キムコ SUPER9s」については、自作加工やカスタマイズのネタが多い為に別ブログとして立ち上げました。興味があれば下にあるリンク集から覗いてみてください。

このブログでは日曜大工(Do It Yourself)やクルマの工作等についての情報をコツコツと不定期に発信していきます。

リンク
カテゴリー
最新の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ開設からの日数