FC2ブログ

電動スクーター改造記 ~その1 改造立志編~





以前、巷で「キックボード」が流行した頃から、日本とは道路交通法が違う海外よりキックボードにモーターを搭載した「電動キックボード」というものが輸入され始めました。

もちろん日本では「モーターで人力を補助をする」電動アシスト自転車以外、自走できるモーターや発電機を搭載した乗り物は「原動機付き自転車」となるので、公道で乗るにはウィンカーやバックミラー、そして原付登録をしてナンバーを取得しなければ乗車することは違法となります。

しかし広いイベント会場や駐車場、空き地や公園などなら自由に乗ることが出来るのは結構便利です。

実際、以前イベント会場にて電動キックボードに乗った事があるのですが、普通のキックボード同様に足でキックして発進した後、ボード後方にあるスイッチを踏むことで電動モーターが回転し、人力とは比べモノにならない航続距離を進むことが出来るので大変面白い乗り物でした。

これがきっかけで電動モーターの乗り物に興味が沸いてしまい、自分でもイベント会場の移動用に電動のキックボードをオークションで探してみたところ、シンプルな電動キックボードに自転車のようなサドルを装備し、モーターも高出力でバッテリーも2個搭載するなど、「電動キックボード」というよりも、もはや「電動スクーター」というようなものを発見しました。

生産国は中国のようですが、あちらでは自転車の延長上でこのような乗り物が流行っているのか、日本のメーカーでは作らない(法律上作れない)ような非常に面白そうな乗り物な上、価格も非常に安く、大人が乗っても動力性能的には問題なさそうなので、試しに落札してみました。

落札後、ダンボールに入って早速到着した電動スクーター。

ハンドルが根元で折りたためて、サドルのシートポストも根元から取り外せるので、梱包箱も意外にコンパクト。組み立ても簡単なので、早速組上げてみました。

電動スクーター


数時間の充電後、ワクワクしながら駐車場で早速乗ってみました。

さすが280wと大きなモーターを搭載し、12vのバッテリーを2個も搭載しているので以前乗ったキックボードとは全然トルクやスピードが違います。
バイクのようにアクセルを回すと加速していくのに、音が無音に近く、かすかにモーターの音とタイヤのロードノイズがするだけなので、大げさかもしれませんが「風に乗ってる」ような感覚と言いますか、電動モーターの乗り物特有の不思議な浮遊感を感じます。これは面白い!

バッテリーがどの程度持つか判りませんが、これならばイベント会場で少し離れた自動販売機までジュースを買いに行ったりするのに便利ですし、簡単に折りたたむことが出来るのでクルマに載せて気軽に持ち運べます。

しかし、しばらく乗っているとだんだん不満な部分も見えてきます。

まず車体を良く観察すると、だれでも乗りやすいようにする為なのか結構ホイールベースが長いので、自分の愛車(1200ccの小型ハッチバック)に載せるには少々車体が大きすぎます。

また、価格が安いので仕方ないのかもしれませんが、中国製らしく作りが雑な上、デザイン的にもレイアウトに無駄が多い気がします。

そこで愛車にも搭載できるように、車体のコンパクト化と無駄なレイアウトを整理してシンプルなデザインとすべく、改造することにしました。

(続く)





テーマ : DIY日記
ジャンル : 車・バイク

アクセスカウンター
プロフィール

DIY野郎 (ガトウ・ショコラ)

Author:DIY野郎 (ガトウ・ショコラ)
管理人は自宅で2匹のネコを飼っている猫好きの大男です。

愛車は20年近く大切に乗り続けているコンパクトカー、そして自動車保険のマイバイク特約で何台持っていてもクルマと同じ保障が受けられて維持費の安い125ccのバイクを3台所有しています。

125ccにハマる前に乗っていた「キムコ SUPER9s」については、自作加工やカスタマイズのネタが多い為に別ブログとして立ち上げました。興味があれば下にあるリンク集から覗いてみてください。

このブログでは日曜大工(Do It Yourself)やクルマの工作等についての情報をコツコツと不定期に発信していきます。

リンク
カテゴリー
最新の記事
ブログ全記事表示

全ての記事を表示する

ブログ開設からの日数